FX・TOP > 景気動向指数とは
景気動向指数とは

景気動向指数は、その名の通り景気の方向性を示す指標です。


景気は消費動向や生産の動向によって変動しますが、
数値が上がれば上向きになり、下がれば景気が悪くなります。


また、景気動向指数には、「DI」と「CI」の2種類の指標を使います。


DIは、約30項目の経済指標を選び3カ月前の数値と比べて
改善している項目の割合を指標にしたものです。


これは、30項目の半分以上が良ければ指標は上向きと判断され、
景気は良くなっていると考えられます。


投資家は機敏に反応するので注意しておく必要がありますね。
CIは景気の量を表すのもので、DIの数値を補完する意味で使われます。


他にもいろいろな見方があるので見ていきましょう。


先行指数は数ヶ月先の景気の予測したもので、
・消費者態度指数(消費度合いの動きを予測したもの)
・東証株価指数(株価の今後の動きを予測したもの)
・新規求人数(景気によって、新規求人数がどの位必要か予測したもの)
があります。

一致指数は今現在の景気を示すもので、
・鉱工業生産指数(自動車等の生産に関する指標)
・有効求人倍率(有効求人数÷有効求職数)
・百貨店販売額
があります。


遅行指数は半年?1年前の景気を示したもので、
・家計収支
・法人収入
・完全失業率
などがあります。


景気動向指数は、その国の景気の状況が見えるので、
為替の指標としては最も重要なものの一つです。

関連エントリー
Copyright © 2009 FXをはじめる前に必要な準備は?初心者のFX業者選び . All rights reserved