FX・TOP > FX取引の手数料
FX取引の手数料

取引手数料はFX業者によって差があるのですが、
完全に無料になっている業者や片道のみ手数料の業者があります。


他にも1000通貨など1万通貨未満の取引の場合にはかかる
場合があるので条件の確認が必要です。


スプレッドについては、普段聞きなれないですよね。
ですけど、FXの場合には重要なポイントなので知っておいて下さい。


スプレッドは為替レートの売りと買いの差の事で、
普通レートは1ドルに対して××銭?●●銭と表示されています。


具体的には"98.05?98.00"といった具合です。


FX業者で取引する際の画面上では、
左と右に並んで2つのレートが表示されています。


この2つのレートは売りのレートと買いのレートになっています。


当然高い方のレートで買う事ができて、
低い方のレートで売る事が可能になります。


・・・・それって損じゃないの?っと思ってもらえたら
スプレッドについては理解してもらえたも同然です。


当然売るなら高いレートが良いに決まってますし、
買うなら安いレートの方が良いに決まっています。


ですが、実際にはその逆で損するように出来ています。
当然それがFX業者の収益になるので、
売り買いの差がまったくの0になる事はありません。


なので、この損になるレートの差が小さい方が
取引する私たちにとっては当然良いことになります。


「スプレッド最小1銭」とFX業者でアピールされているのは
そういった条件面で有利ですよ?っと言っている訳ですね。

関連エントリー
Copyright © 2009 FXをはじめる前に必要な準備は?初心者のFX業者選び . All rights reserved